辛口評価管理人による『FX情報商材レビュー』実践検証ブログ

現役個人トレーダー管理人が人気のFX情報情報商材を実際に購入&実践検証する『FX情報商材レビューブログ』です。

ニュートンFXのロジック、講師のHalu(はる)について徹底検証します

前回の検証記事では、ニュートンFXのオファー概要をまとめつつ

インディケーターの特徴・使用方法からトレードの手順といった具合で

ニュートンFXのインディケーターの優位性を徹底検証しました。

 

ニュートンFXは情報商材を扱う検証ブログでも度々取り上げられ、

ネット上の掲示板でも話題に上がっていることから

それなりに需要があるのかも知れませんが、

 

トレード実績が明確にされていないため

実践して本当に稼げるのかについては疑問が残ります。

 

 

一般の方が何を基準にして購入されているかは定かではありませんが、

販売ページにの冒頭にもあるような

 

世界で初めて

大衆心理エネルギー

大衆心理演算ロジック

 

といった、いかにも凄そうなキャッチコピーに魅せられてしまい、

ロジックの詳細を知らずに勢いで購入される方がいるのは間違いありません。

 

加えて、ニュートンFXを手掛けるHalu(はる)氏の経歴に

魅力を感じる方が多いことも、掲示板の書き込みを見れば一目瞭然です。

 

 

そこで今回は、ニュートンFXのロジックの詳細やHalu(はる)氏について徹底検証し

ニュートンFXを実践するメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

 

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

商品名:【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

販売者:合同会社Toplink 藤村拓海 Halu(はる)

販売価格:29,800円

商品概要:モニター参加を開始しはじめた月から

      「月利+14.6%、356pips、3万円の利益、

       451pips、月利13万円」と驚異の結果を生み出した

 

      世界初の大衆心理演算ロジックを搭載

 

      どんな一流のトレーダーでも

      読む解くことが難しいとされている

      大衆心理エネルギーを完全視覚化して

      利益を確保するためのシステム・・・

 

      天才物理学者×大衆心理エネルギー

 

      Newton FX(ニュートンFX)

 

      天才物理学者がトレードを研究して9年、

      一切表に出たことがなかった

      「相場からシンプルに利益を生み出すための仕組み

      を大公開。 

  

 

ニュートンFXに内包されているロジックは3種類存在する

 

では、ニュートンFXのロジックについて検証したいと思います。

 

冒頭で記載されている「大衆心理演算ロジック」については

前回説明させて頂いた通りで

大衆心理エネルギーをローソク足の4本値に当てはめて数値化し

チャート上に表示させる機能が搭載されている、

 

その上でニュートンFXには3段階のトレードルールが設けられており

 

ファーストステージ:トレンドフォロー戦略を用いたトレードルール

セカンドステージ:ブレイクアウトを捉えるトレードルール

サードステージ:逆張り戦略を使ったトレードルール

 

というところまでは説明させて頂きましたね。

 

 

今回はトレードルールを1段階ずつ検証していきたいと思います。

 

まずファーストステージのトレンドフォローロジックですが

巷のFX商材で一般的に採用されているトレンドフォローで、

システムにより表示されたサインに従ってトレードを行うというものです。

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

 

一般的なトレンドフォローと同様に

相場が大きく上昇していれば「買い」、下降しているなら「売り」と

相場の大きな流れに乗って同一方向にポジションを取ります。

 

 

続いてセカンドステージのブレイクアウトについてですが、

大まかなロジックはトレンドフォローロジックとなっているものの

レンジ相場からのブレイクアウトを狙ったトレードルールが採用されています。

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

 

ちなみにブレイクアウトとは、

相場に収縮して溜まったエネルギーが大きく動く瞬間を捉える戦略で、

通常のトレンドフォローよりも大きな利益を狙っていくことが可能です。

 

セカンドステージではニュートンアップダウンパワーの数値を変更することで

サインが明確に表示されるようになり、簡単にエントリー予約できると謳われています。

 

 

最後のステージとなるサードステージの逆張りロジックについてですが、

セカンドステージまでのトレードルールとは異なり

相場の行きすぎを狙った逆張り戦略が採用されています。

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

 

本来逆張りロジックは、どこまで相場が落ち込むかや

上昇してもすぐに下降するかも知れないという考えが生まれるため、

一般的にはポジションを保有するリスクが高いと言われています。

 

サードステージでもニュートンアップダウンパワーの数値を変更することで

トレンドの転換ポイントを明確に割り出すことができ、

これまでのトレードルールよりも大きな利益が狙えると明言されています。

 

 

全てのトレードルールにおいて「リスクリワード1:1」に設定されているため、

一度で大きく利益を取るというよりはトレード回数を重ねて

少しずつ利益を積み上げていく印象が強いですね。

 

 

今説明したのが、ニュートンFXで設けられている3段階のトレードルールです。

 

複数のトレードロジックが搭載されているため、実践者のトレードスキルに応じて

段階を踏んで様々なロジックでトレードできる点を考えると、

どのような相場であっても利益を得られるように感じます。

 

 

ニュートンFXのメリット・デメリット

 

ニュートンFXの講師を務めているHalu(はる)氏ですが、

販売ページには彼のプロフィールが掲載されていますね。

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

 

どうやらFXと物理学を掛け合わせることで

世界レベルのシステムを生み出し続けていると明記されています。

 

天才物理学者と聞いて皆様が思いつくワードは

ノーベル物理学賞ではないでしょうか。

 

天才物理学者で数々のシステムを開発しているHalu(はる)氏なら

とっくにノーベル物理学賞を受賞していたり、FX専用のシステム開発のみに留まらず

国家レベルのシステム開発に携わっていたとしても何ら不思議ではありません。

 

 

掲示板等にはHalu(はる)氏の経歴に関する話題が挙がっていますが、

 

『それほどの経歴がある人がなぜFXのシステム開発だけで満足してるのか』

『ニュートンFXを売り込むために経歴を偽ってるんじゃないか』

 

などの書き込みが存在することから、お世辞にも評判が良いとは言えません。

 

 

Halu(はる)氏がもし本当に物理学者という肩書きを持っているのであれば

肩書きを証明できるだけの証拠を提示して欲しいところですが、

販売ページにはそれすらも一切公開されていません。

 

博士号を取得した証拠でも何でも良いのですが、

証拠が揃ってない時点で購入側は明らかに誇大広告だと捉えますし、

結果的にHalu(はる)氏の評判が悪くなっていることも当然です。

 

最近のFX商材販売者の多くが肩書きを偽っている一方で

証拠を全く開示しない、仮に開示したとしても

全く信ぴょう性が感じられないものがほとんどです。

 

 

つまり極論を言ってしまえば、肩書きや経歴云々よりも

手法の優位性が長期に渡って継続するか否かの方が重要ですし、

そういう意味では何も「天才物理学者」を謳って購入者を取り込むのではなく

ロジックやツールの再現性や優位性、明確なトレード実績を公開して

本当に優れてた手法だということを証明して欲しいと思います。

 

 

昨年はインフォトップの売れ筋ランキングで1位を獲得しているそうですが、

天才物理学者という肩書きを振りかざして購入者を募っていたのであれば

ランキングの信ぴょう性も全くないということになりますし。

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

 

システムトレード商材であれば尚更のことで

明確なトレード実績が公開できないということはすなわち、

あくまでも「理論上でのトレード結果」としか見なされないため

「リアルトレード」でも同じ結果が出せるという理屈にはなりませんね。

 

 

これまでの点を踏まえて、ニュートンFXを実践するメリット・デメリットについてですが

 

・裁量の要素が一切不要

・3段階のトレードルールを実践できる

・リスクリワードが1:1なため、コツコツ利益を積み上げることができる

 

これらはメリットとして考えられます。

 

 

しかしデメリットを挙げてみると

 

・完全無裁量なため、実際に運用しなければ優位性を判断できない

・トレードルール別にインディケーターの数値を変更する手間が発生

・インディケーターの詳細が非公開

・明確なトレード実績が公開されていない

 

など、謳われているメリット以上にデメリットが多いことが分かります。

 

完全無裁量にも関わらず、トレードルールを変更する際は

ニュートンアップダウンパワーの数値を

「実践者自身の手で」変更しなければならず、

ある意味では非常に手間がかかるとも言えます。

 

 

実際にニュートンFXを実践した方の多くが

 

『インディケーターの数値を自分で変更するのが面倒だ』

『“完全無裁量”っていうから買ったのに、全く以って完全無裁量じゃない』

 

などといったネガティブな書き込みもそれなりに増加しています。

 

 

個人的にはそれ以上に、一つのFX商材で複数のロジックを一度に学ぶのは

FX初心者にとってハードルが高いのではと感じます。

 

様々な手法をニュートンFXだけで完全網羅できるというのは

一見聞こえは良いですが、FX初心者であれば

特定の手法に絞って確実に習得していく方が遥かに効率が良いです。

 

 

しかも、システムトレード商材で明確なトレード実績が公開されていない以上

短期間でドローダウンが発生して

全く使いものにならなくなると懸念される方もいらっしゃいます。

 

私も同意見で、巷に販売されているシステムトレード商材のほとんどが

結局稼げないと言われていることからも明らかです。

 

 

完全にシステム任せでトレードするというよりは、

ある程度FXの知識を持った上で裁量トレードを行い

サブでシステムトレードを行うというのが

最も効率良く利益を出せるのではないかと考えます。

 

そういう意味でも、講師のHalu(はる)氏がニュートンFXに

手法ロジックを過剰に搭載している感は正直否めませんね。

 

 

とはいえ、ニュートンFXが100%悪いFX商材だというわけではなく

あくまでも実践する方によって好みが分かれる手法だということです。

 

 

【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

商品名:【圧倒的多数の満足の声】ニュートンFX

販売者:合同会社Toplink 藤村拓海 Halu(はる)

販売価格:29,800円

商品概要:モニター参加を開始しはじめた月から

      「月利+14.6%、356pips、3万円の利益、

       451pips、月利13万円」と驚異の結果を生み出した

 

      世界初の大衆心理演算ロジックを搭載

 

      どんな一流のトレーダーでも

      読む解くことが難しいとされている

      大衆心理エネルギーを完全視覚化して

      利益を確保するためのシステム・・・

 

      天才物理学者×大衆心理エネルギー

 

      Newton FX(ニュートンFX)

 

      天才物理学者がトレードを研究して9年、

      一切表に出たことがなかった

      「相場からシンプルに利益を生み出すための仕組み

      を大公開。  

  

 

※当『FX情報商材レビュー』リアル検証ブログでは

 ご購入、手法に関する相談や質問を受け付けています。

 

 購入しようか迷っている…という方は

 一度お気軽にお問合せ頂ければと思います。

 

 【ニュートンFXに関するご質問はこちらからどうぞ

⇒support★jouhou-navi.com

 (★マークを@に変えてお問い合わせ下さい)

 

 

FX