辛口評価管理人による『FX情報商材レビュー』実践検証ブログ

現役個人トレーダー管理人が人気のFX情報情報商材を実際に購入&実践検証する『FX情報商材レビューブログ』です。

4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点を徹底暴露

前回は4DFX -錬金スキャルロジック-の手法ロジックや

ツールの優位性について徹底検証を行いました。

 

FX-Jin氏が代表を務めるクロスリテイリング株式会社の

新商材として非常に注目されているだけに

前回の検証記事を公開してから反響もそれなりにく大きく、

追加検証の依頼もいくつか届いています。

 

 

それだけ多くの方が4DFX -錬金スキャルロジック-に

関心を寄せているということが伺えますが、

現時点では不明な点が多すぎるため

謳い文句を鵜呑みにして参加するというのは

個人的にあまり望ましいとは思えません。

 

 

前回の検証内容をおさらいした上で

今回は4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点を徹底検証し

詳細について暴露していきたいと思います。

 

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

商品名:4DFX -錬金スキャルロジック-

販売者:クロスリテイリング株式会社 志賀政典 酒巻滋

販売価格:49,800円

商品概要:FX歴1ヶ月・70代のおじいちゃんでも

      いきなり88万1000円を稼いだ実績!

 

      世界初!!

 

      これまでにない完全オリジナルのFXチャート

      ついに大公開!

 

      21世紀に君臨した次世代FXチャートで

      勝率8割、月収80万円以上を

      安定してザックザク稼ぎ続けたいのなら…

 

      時間・価格・速度・変動率

 

      4次元全てを制覇する新FXチャートシステム

 

      4DFX -錬金スキャルロジック-

 

4DFX -錬金スキャルロジック-のロジックと4DFXチャートをおさらい

 

それでは4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点を暴露する前に

前回のおさらいをしておきたいと思います。

 

 

4DFX -錬金スキャルロジック-はサイン通りにトレードを行う

システムトレード手法で、メインロジックはトレンドフォローをベースとし

ブレイクアウトのみを狙ったスキャルピング手法となっていますね。

 

レンジ相場をブレイクして押し目を形成したタイミングで

エントリーを行うため非常に堅実な手法と言えますが、

ロジックの根底にある考え方までは触れられておらず

現時点ではロジックの詳細は不明だと説明させて頂きました。

 

 

ロジックを非公開にするのはクロスリテイリング株式会社の

お決まりパターンとはいえ、ロジックの詳細が非公開であれば

ブラックボックスの状態で実践することになってしまうため

投資というよりもギャンブルの要素が強くなっていまいます。

 

本当に実践して勝てるというのであれば

たまにはロジックを明確にして欲しいと思いますね。

 

 

そして4DFXチャートについて解説させて頂きましたが、

4DFX -錬金スキャルロジック-ではローソク足ではなく

連行足チャートが使われていますね。

 

ローソク足チャートは時間軸でチャートが生成され

連行足チャートは価格の変動によってチャートが生成されます。

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

 

それでいて連行足チャートにはローソク足のデメリットと言える

ノイズが表示されないため、ローソク足よりも

トレンドを正確に判断できることからトレンドフォローには

最適なチャートだと説明させて頂きました。

 

ノイズについて再度説明しておきますが、

これは実際に起こった値動きの幅を表しています。

 

ローソク足は一定の時間内で収まった値動きが表示されるため

トレードには全く必要がないものと言われていますが、

ノイズが表示されることでダマシに遭遇しやすくなります。

 

つまり連行足チャートはノイズ自体が表示されないため

ダマシの回数を極端に減らせるということですね。

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

 

また、4DFXチャートの各名称と機能について

完全に理解できていないという方がいるかも知れませんので

再度記載しておきますね。

 

 

Trend Force Continaution

 トレンドが継続していることを表示するインディケーター

 

Ranging Detector

 停滞相場の際に点灯した場合はエントリーを見送る

 

Main Signal/Trend Force Signal

 同時に点灯した時がエントリー判断のメインとなる

 

Trend Bands

 ボリンジャーバンドの役割を果たし、価格の変動率を示す

 

Renko Hedge

 ブレイクアウトが起こっていることを判断するインディケーター

 

Break Point Getter

 点灯すると直後にブレイクアウトが起こる可能性が高い

 

Daily/4H Sweet Band

 1日、4時間足の最高値、最安値から算出され

 サポレジラインの役割を果たす

 

 

これら9つのインディケーターを使用するわけですが、

 

Main Signal

Trend Force Signal

Trend Force Continaution

 

が表示され、

 

Ranging Detector

 

が消えた時がエントリーポイントとなります。

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

 

ロジックとツールのおさらいはこのくらいにして、いよいよ今回の本題である

4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点について徹底検証していこうと思います。

 

 

4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点とは

 

まず一番の欠点と思われるポイントは

連行足チャートであると私は考えます。

 

『さっきはノイズが表示されずに明確にトレンド判断できる

 と言っていたのに、一体どういうことだ?』

 

と感じる方が多いはずです。

 

メリットとデメリットは表裏一体と言われますから、

当然ですが連行足チャートにもデメリットは存在します。

 

 

連行足のデメリット、それは

 

エントリーポイントを待つ辛抱強さも要求される

 

ということです。

 

相場全体を見渡した場合、トレンド相場とレンジ相場の割合は

およそ3:7と言われており、レンジ相場の占める割合が

圧倒的に多いということになります。

 

つまり全体を通して割合の少ないトレンド相場を判別して

エントリーを仕掛けていくわけですから、

当然エントリー回数は減少してしまうということです。

 

より高い確率で勝てるポイントを絞ってエントリーを仕掛けるため

理論上ではそれなりに高い勝率を維持できそうですが、

 

『スキャルピングだからトレード回数も多いだろう』

 

という安易な発想で購入してしまうと、いざ実践した際

スキャルピングなのにエントリー回数が少なすぎるという理由から

ストレスを抱えてしまう可能性があります。

 

 

その証拠に、販売ページのQ&Aには

 

『1日のエントリー回数は5~10回』

 

と記載されていますが、もしもレンジ相場・停滞相場が

1日の大半を占めればエントリーサインが表示されないことも

十分有り得るということですね。

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

 

そして連行足チャートにはトレンド相場には強いが

レンジ相場・停滞相場にはあまり強くないというデメリットもあります。

 

この件に関しては、4DFX -錬金スキャルロジック-では

停滞相場の際にエントリーを見送る「Ranging Detector」により

エントリー自体をを見送る対策が講じられています。

 

 

もう1つ欠点を挙げておくと、4DFX -錬金スキャルロジック-は

あくまでもシグナル配信ツールを使用するのであって

決して自動売買ではないため、相場分析やエントリー時には

それなりに裁量のスキルを必要とします。

 

 

講師である酒巻滋氏は

年間5,000万円以上の利益を出しているとのことですが

酒巻滋氏は自己裁量と4DFXチャートを用いて

謳われている利益を出していると考えると、

 

裁量の知識が全くない初心者が初月から

謳われているだけの結果を出せるはずがありません。

 

 

ということは、4DFX -錬金スキャルロジック-では

裁量を加えなければほぼ勝てないということになりますから、

初月から80万円の利益を誰でも出せるというのは

現実的に考えてほぼ不可能と言わざるを得ません。

 

シグナルに従うだけで利益が出ると謳われても

それらを証明する根拠は全く提示されていませんし、

実践者に裁量のスキルがあるかないかによって

結果に大きな違いが生じることは言うまでもありませんね。

 

 

こういった欠点があるのであれば、シグナル配信ツールではなく

初めからEA化して販売した方が初心者も実践しやすい

と思うのは、決して私だけではないはずです。

 

 

とはいえ、連行足チャートを使用することにより

ノイズが表示されずにトレンドを正確に判断できるため

無駄なトレードをしなくて済むというメリットはあります。

 

メリットこそあるものの、デメリットの方が明らかに大きいため

ローソク足チャートではなく連行足チャートが使われているという

物珍しさで購入すると、長期的に見て

マイナスになっていしまう可能性が高いですね。

 

 

今回は4DFX -錬金スキャルロジック-の欠点を暴露しましたが、

いずれにせよロジックの詳細や明確な実績が公開されていないため

現時点では手法の優位性・期待値を判断できません。

 

前回の検証レビューでも言いましたが、不明な点が多い中で

非現実的な謳い文句を鵜呑みにして参加しない方が身のためでしょうね。

 

 

4DFX -錬金スキャルロジック-

商品名:4DFX -錬金スキャルロジック-

販売者:クロスリテイリング株式会社 志賀政典 酒巻滋

販売価格:49,800円

商品概要:FX歴1ヶ月・70代のおじいちゃんでも

      いきなり88万1000円を稼いだ実績!

 

      世界初!!

 

      これまでにない完全オリジナルのFXチャート

      ついに大公開!

 

      21世紀に君臨した次世代FXチャートで

      勝率8割、月収80万円以上を

      安定してザックザク稼ぎ続けたいのなら…

 

      時間・価格・速度・変動率

 

      4次元全てを制覇する新FXチャートシステム

 

      4DFX -錬金スキャルロジック-

 

※当『FX情報商材レビュー』リアル検証ブログでは

 ご購入、手法に関する相談や質問を受け付けています。

 

 購入しようか迷っている…という方は

 一度お気軽にお問合せ頂ければと思います。

 

 【4DFX -錬金スキャルロジック-に関するご質問はこちらからどうぞ

⇒ support★jouhou-navi.com

FX